premium
premium1premium2
premium3premium4
premium5premium6
premium7

蝶嬢真奈美のファンクラブ Presents

※これは蝶嬢真奈美の妄想日記です(笑)

婦警の誘惑:8 下着の中に

婦警
  1. Version:02 ポリスコスプレ

 

婦警の淫乱ボディ chapter08

それは奇跡の婦警

 

今すぐにも出そうなのを何度も我慢する

 

 

主「ぁあ…だめ…出そう、止めて…」

 

 

何度も何度も…その繰り返しで…逆にすごく辛くなってくる…イクのを我慢するのは相当辛い…でも直ぐにいってしまっては勿体ないという気持ちが勝ってしまう…でも本当は今すぐにでも出したい

 

 

そしてそのエロい体で…そんな仕草をされるから…また…たまらなくなる…

休まることなく絶頂の波が押し寄せてくる…ぐうぅぅ…さすがにまだ早い…もう少し楽しませてくれ…そう願って何度も言い聞かせる

 

でも…そんな格好を見せつけられたら

ぁあたまらない…その脚に思いっきりぶっかけたい!私の精液でその脚を汚してやりたい!

また直ぐに…ビクビクさせながら…何滴かペニスの先からこぼれ落ちる…もういっその事出してしまった方が楽なのでは…

そう何度もよぎる…自分の貧乏臭さが出てしまうけれど~まだいくわけにはいかない…

今日の今日は最大限まで我慢して一気に放出する

 

真奈美「苦しそう…もう、いっその事…出したらどうですか?(笑)」

 

そんなエロい身体を見せつけて…そんな事を言うなんて…誰のおかげでこうなってると思ってるんだと…

でもさっきから本当に何度かフェラしては途中で止めての繰り返しばかり…全然プレイとよべるほどの事をしてないかもしれない…本当はエロく音をたたせながら頭を手で押さえて腰も動かしたい…

少し強引に苦しい表情をさせたりして…Sな感じで楽しみたいけど…そんなことすれば物の1分以内で到達してしまう…全く情けないな…

 

 

真奈美「やばっ、ほら…めっちゃビクンビクンしてる(笑)」

 

私のペニスをもてあそぶかのように…イキそうになるのを我慢してるペニスが上下に動いてるのをいやらしい目で見つめる…

先から我慢汁が大量に溢れて…糸を引いたペニスが脈を打ちながら上下に動き液体が彼女の太ももや服に飛び散る…

 

真奈美「いいんですよ♡ここに…着衣したままの真奈美に撒き散らしても♥」

 

そうやって誘ってくる…ぁあ、誘惑に負けそう…確かに着いしたままでぶっかけるのも興奮するかもしれない…彼女を汚した感があってそれも捨てきれない…

 

主「ぁあ…ダメダメ…ぅう”う”…」

 

足をブルブルさせながらそれでも必死にこらえようとする私がいる…

 

ここ宝花の揺り籠は会って3回はエッチをすることが出来ないルールがある…

 

実を言うと本当は今すぐにでも彼女のおしりに入れて思いっきり中出ししたいのだけど…ここのルールで3回はセックス出来ないという謎の決まり事がある…

これも昔の吉原のなごりからだと言うのだけど…迷惑な決まり事だ(笑)今すぐにエッチしたいのに…目の前にいやらしい女体があるのに挿入出来ないというもどかしさ…

 

ぐうう…やばい身体してるな…それにしても…そんなルールなど無視して襲いたくなってしまう…

ふぅ…ふぅ…落ち着くんだ…

 

でもそんな事はもう分かってた…だからもう今日やる事を事前に決めてきてる…

 

主「真奈美ちゃん…今日は真奈美ちゃんの下着の中で出したいけど…いいかな…」

 

 

真奈美「下着って…下着の中ですよね…」

 

そう…ギンギンに反り返ってるペニスを後ろから…それもパンストも履いたままぶちまけたいという事だ…今日はこれをどうしてもやりたい…

どうしても彼女の下着に私の精子をぶちまけて…彼女の下着を汚したい!もうこれしか頭にない…そして精子まみれの下着を履かせたまま歩かせたい…そんな変態な願望…この3日間考え抜いた変態による答えがこれだ…これはどう考えてもエロいだろう…もう想像しただけでヤバい…

 

いやらしい目で私のペニスを見つめながら…彼女はいいよと答えた…でも本当に大丈夫なのかと言う…今すぐにも出そうで我慢してる私にそんな事したらあっという間に到達してしまうのではと…

確かに全てお見通し…

 

主「そうかもしれないから…真奈美ちゃんの下着に挿入したら…少しも動かないでほしい…」

 

保険をかけておく…挿入して彼女が足を動かしたり腰を動かしたりして思わず発射しないよう細心の注意を…

そして私は彼女の後ろにまわる…後ろから伝わるなんとも言えない色気が私を豹変させてしまう…いきなり引き寄せ強く抱きしめる

 

彼女はびっくりしてたけど直ぐに分かって身をゆだねてくれた…そして彼女のいい匂いと柔らかくて暖かい肌がまたアソコにガンガン射精信号を突きつけてくる…

スカートからでも伝わるおしりの谷間に自分のペニスが挟まってたまらない状態だ…

 

主「真奈美ちゃん…う、動かないでね…ハァハァ…」

 

これだけで出そうなのに…大丈夫なのか…やっぱりちょっと我慢しすぎてしまったか…3日間我慢するだけでこんなに早漏になってしまうとは思ってもみなかった

でもこれ…射精したら気がおかしくなる程気持ちいいという事は確信できる。この子の前で彼女の身体と声と匂いを感じながら射精したら…とんでもなく幸せなんだろうな…楽しみで仕方ない…

ぁあ!ダメだ…もう早く真奈美ちゃんで射精したい!頭の中で堂々巡りしてる…

 

 
▶次のチャプター

婦警の誘惑:9 もう出そう
下着の中に私のアレが入る…そして真奈美ちゃんのアレと重なって擦れ合うだけで…

 

 

 

NEWSHOP

コメント

トップに戻る
タイトルとURLをコピーしました