premium
premium1premium2
premium3premium4
premium5premium6
premium7

蝶嬢真奈美のファンクラブ Presents

※これは蝶嬢真奈美の妄想日記です(笑)

魅惑の天使:11 すっきり

ナース
Version:01 ナースコスプレ

 

魅惑の天使 chapter11

エロいナースの誘惑

大量スッキリこれで寝れる

 

真奈美「…、す、すごぃ…」

 

我慢に我慢を重ねたペニスは…待ってましたかのように勢いよく真っ白な精液を放出した!

 

蝶嬢真奈美ナース11

 

その勢いは強く…噴水のように吹き荒れ…その精液は真奈美ちゃんの太ももにも大量にかかり…意図を引きながら床に滴れ落ちる。

その快楽は…もう想像以上に…エッチな女性に手こきされる演出だけで…もう私の中の脳は変態液に浸かってしまっていた

 

精液が出たあとも…しばらくは放心状態…ペニスもまだドクっ、ドクっと脈を打つ…

 

真奈美「あの…スッキリしましたか?」

 

主「あ、あ、はい。スッキリしました…めちゃくちゃ気持ちよかったです」

 

でも、何だか…5分もすればまた出来そうな気がする…。

 

真奈美「それにしても…性欲強いんですね…こんなに出す人はあまりいません。ティッシュでしかふいてあげれませんが大丈夫ですか?」

 

そう言うと真奈美ちゃんはペニスについてる精子を優しく拭き取る、床に散らばった精子も…そして自分の太ももにかかった精子も…

何故かその仕草がまたエロく…だんだんと変な気分に…

それにしても…ペニスと真奈美ちゃんの顔の距離がヤバい…今にもお口でしてくれるかのような距離にある

ぁあ…男の衝動としてはそのまま口にくわえさせて口内発射したい!そんな願望が…

 

真奈美「それじゃ…いきますね…」

 

そう言うと見事にパンツ全開で立ち上がった!

 

蝶嬢真奈美ナース11

 

それに気付いたのか、真奈美ちゃんはごめんなさいと謝って…スカートの裾を下に伸ばしながら帰っていった

 

ぁあ…これは、またやれるな…

そもそも…ある程度完治してる今となれば自分の手でも出来るから我慢する必要はない。

 

 

 

あの時真奈美ちゃんは…まさか

 

 

だけど…どうも寝れない…

 

仕方なく…今度は自分で2回戦をしようと思った。さっきの出来事を思い出し…直ぐにあそこはビンビン…

真奈美ちゃんのしごく姿を何度も思い返しながらイキそうになってはまた止める…

そんなエッチな真奈美ちゃんをずっと思うと…ふと、気付いた事が…あの時…真奈美ちゃん…自分のアソコを触ってたような気がする

 

何度もイキそうにねるのを必死に堪えてたのでそれどころではなかったけど…今思い返すと…片手でいやらしく触ってたような…気もする。

 

蝶嬢真奈美ナース11

 

え?まさか…

実は…真奈美ちゃんも感じてた?

 

そう思うだけで…たまんなくなる。脈アリ?どんどんと考えがエスカレートしていく…あわよくば付き合いたい!

いや、いっその事…人生のパートナーに…妄想し、手料理や家の事、そんな女性らしい姿を想像するだけで…

そんなしたたかな家事をこなしながらもエッチな体の真奈美ちゃんを犯すという…

変態な願望で…さらに拍車がかかる…

 

主「ダメだ…もう、イキそう」

 

私は…最後の絞り汁を出す瞬間…真奈美ちゃんの名前を呼びすてにして…射精した。

 

 

 

▶次のチャプター

魅惑の天使:12 見せつけ
真奈美ちゃん…まさかワザとパンツ見せつけてる?四つん這いになってお尻突き上げてる…

 

NEWSHOP

コメント

  1. やま より:

    今回は急いで日記を書いたのか、誤字が多かったですね(^_^;)

トップに戻る
タイトルとURLをコピーしました