premium
premium1premium2
premium3premium4
premium5premium6
premium7

蝶嬢真奈美のファンクラブ Presents

※これは蝶嬢真奈美の妄想日記です(笑)

天使の魅惑:2 下がもう限界…

ナース
Version:01 ナースコスプレ

 

魅惑の天使 chapter2

エロいナースの誘惑

 

真奈美の前では勇気が出ない

 

 

真奈美「主さん…下着の交換しましょうか?」

 

主「え?下着?」

 

あ、ヤバい…今あそこは真奈美さんのエロい身体を見て爆発的に硬く突きあがってる状態…こんな状態を見られたら流石に真奈美さんに嫌われてしまう…
でも本当は見せたい気持ちも…複雑な気分だが…

 

主「あ、いや…大丈夫ですよ。自分でやります」

 

真奈美「え?両手塞がってるけど…本当に自分で出来ますか?」

 

 

やっぱりこうなるよな💧毛嫌いされるのが怖くて何とか回避しようと必死に言い訳を言って…アソコを見られないよう努力した

恐らく看護師さんからしてみれば患者の性器なんて嫌ほど見てるかもしれないけど…

変なプライドが私を邪魔して…自分にカッコつけたがるだけだった

本当は固くなったアソコを見せて…反応を見たい!

 

そういう変態な願望があるのにも関わらず…真奈美さんの前では少しでもカッコよく見せたい!そんな気持ちでいっぱい…

 

蝶嬢真奈美ナース2

 

真奈美「では…ここに着替えと蒸したタオル、乾燥したタオル置いておきますね」

 

 

ぁあ…そんな股間の近くで顔を近づけてくるなんて…こ、このまま口に押し込んで真奈美さんの唾液いっぱいの口で激しく上下させ刺激を味わいたい!…くそ、もうエロいことしかよぎらない…

両手より…よっぽど欲求の方が重症だこれは…

 

 

真奈美「主さん…どうかされましたか?」

 

主「あ、いや…なんと言うか…優しいなって…」

 

真奈美「何言ってるんですか(笑)これも、仕事ですからね(笑)ふふっ」

 

 

そ、そうだよな…私に優しくしてくれると勘違いしてしまってた…女経験はそれなりにあるけど…やっぱり女性との会話は慣れるもんじゃないなぁ…

私がエロい体してる真奈美さんを舐め回すような目で…そんな目で見てるなんて想像してないんだろうこの子は…

 

蝶嬢真奈美ナース2

 

ぁあ…それにしても私の回りで真奈美さんが色々と作業してくれる姿は…本当にたまんない…それも今度はこんな顔の近くで…このままキスして押し倒したい!そんな若い頃の願望が押し寄せてくる…

いくつになっても私も男なんだな…

 

こんな気持ちになるのは…何年ぶりだろうか…

 

ヤバいな…いつまでオナを我慢できるか…💧もうとっくに限界は来てるんだが…どうも処理の仕方が分からない

このままでは本当に精神的に参ってしまうな…いったいどうしたらいいんだ

 

思い切って…そういう相談してもいいものだろうか?看護師なら男の生理現象分かってくれるのかもしれない

そんな期待を込めて言うのもありなのかもしれない…

 

 

真奈美「それじゃ、また明日の朝に来ますね。主さんおやすみなさい♪」

 

主「あ、ぁあ…おやすみなさい…」

 

 

ダメだ…やはり勇気がない…

私の女神は遠くに行ってしまった…また明日か、仕方ない今日は寝るか…こんなギンギンになったアソコを抑え頑張って寝るしかない…

それにしても苦しい…出すことが出来ないのはこうも苦しいものだなんて思いもしなかったな…

 

 

▶次のチャプター

魅惑の天使:3 念願の射精
目の前に真奈美のミニスカが…そこから見える太もも…さらにそのミニスカの奥のパンツ…もうダメだ

NEWSHOP

コメント

トップに戻る
タイトルとURLをコピーしました