premium
premium1premium2
premium3premium4
premium5premium6
premium7

蝶嬢真奈美のファンクラブ Presents

※これは蝶嬢真奈美の妄想日記です(笑)

魅惑の天使:1 ミニスカナース

ナース
Version:01 ナースコスプレ

 

魅惑の天使 chapter1

エロいナースの誘惑

 

真奈美というナースの娘

 

蝶嬢真奈美ナース1

 

真奈美「○○さん…体調は大丈夫ですか?」

 

看護師の真奈美さんが午後の検診にきた…。ここのナース服は凄いミニスカートで有名だったので…入院するなら是非ともここでと思ったのだけど…

ドジ踏んで両手が使えない自分にとっては…このミニスカナースの誘惑は体に毒でしかない…何故なら自分で自己処理すらできないからだ

 

ぁあ…ヤバい…今日もいい太ももをしてる…、布団の中ではもうあそこは爆発。エロい体の真奈美さんを見て…今にも夢精しそうなくらいギンギンになってる…

 

やりたい。

 

もちろん真奈美さんとSEXをしたいという意味でもあるが…とにかく自分はこの子が1番のお気に入り…この子で抜きたいという欲求が頭から離れない。何をしてても…性欲で集中できない。そりゃもう1週間も出てないからな…

 

 

真奈美「はい。腕を出してくださいね〜」

 

ぁあ…こんな子とエッチできたらな…。なんて毎日思いながらそのいやらしい身体を舐め回すように見て彼女の身体を少しでも眺めたいがために…話のネタをふって居座るようにさせる…

 

 

主 「あの…、お休みの日とかは何をされてるんですか?」

 

 

真奈美「んーっと、そうですねぇ。朝早く起きてウォーキングとか行ったりしますよ♪」

 

そうなんだ…、だからそのようなスタイルを保つことが出来るのか…ぁあ、そんな汗まみれの真奈美さんの服や下着を…って、ダメだ!本当にもうエロいことしか結びつかない…これはどこかで抜かないとやばいな…

かと言っても両手が使えないから…机の角でオナニーか?そりゃ、女子か…(笑)自分はマニアックなAVの見すぎだな…

 

 

 

真奈美「○○さん…他に要望はありますか?両手が使えないんで…私が出来ることならしてあげられますよ」

 

ぁあ…真奈美さんの綺麗な手で私のをシゴいて欲しい!

…なんて言える訳もなく…

 

主 「え、えっと、その…お茶欲しいです、はい。」

 

…なんてことしか言えない💧

 

性欲で妄想が止まらない

 

そう言うと気良くお茶を取りに戻っていく…しかし、エロい体だなぁ…あんなのじゃ他の患者さんにいっぱい言い寄られてるんじゃないのか?真奈美さんだけじゃなく…ここのナース達は男達のおかずのネタになってるとしか思えない…

それをわかってるのだろうか?

 

いったい真奈美さんは何人の男の人のネタになったんだろうな…

やば、そう考えると…自分も真奈美さんをネタにして…出したいという願望がまた溢れてきた…未だに…布団の中はギンギンでテントを張ってる状態だ!このテント張ってる状態を真奈美さんの目の前で見せたら…嫌われるかな?

でも…見せてみたい気もある、君を見てこんなに興奮してるんだっていうことを知ってもらいたいという変な気持ちもある…

 

とにかく自分は…真奈美さんが1番お気に入り…

彼女のスカートの中に顔を突っ込みたい…彼女を後ろから抱きしめてバックでつきたい!彼女のものなら何でも許せる…

 

それくらい好きなのかもしれない…ただ、自分には妻がいるので、色恋には発展しない…人生結婚してしまえば異性との楽しみがなくなるのはいかなるものか…綺麗な人を見てもそれ止まり…

もし、彼女が妻と別れて私と結婚してと言ったら…十中八九…彼女を選ぶだろうな…ぁあ何でもあんな妻と結婚したんだろうか…

 

 

▶次のチャプター

天使の魅惑:2 下がもう限界…
両手がふさがってオナができない…しかも周りはミニスカナースで欲求が…そろそろ限界になって

 

NEWSHOP

コメント

  1. まっくん より:

    私も妄想の世界へ入りましたし、続きが気になります
    一気に読もうかと思いましたが、1日1話づつ読ませて頂きます
    明日が楽しみです🤗

トップに戻る
タイトルとURLをコピーしました